Mac mini + Xamarin C# で iPhone アプリを開発はじめました

The Microsoft Conference 2013 に参加した会社のチームメンバーに教えてもらったのですが、Xamarin が凄いことになっている!とのこと。それはぜひやらねば!早速、Mac mini と Xamarin (評価版) で iPhone アプリ開発を始めました。

インストールして指示に従えばほとんど迷うことは無いのですが、Mac が無いと試せないことなので共有を。

http://xamarin.com

購入したのは Dual Core (Core i5) の Mac mini です。

先に Mac で Xamarin をダウンロードしてインストールします。iOS SDK もストアから Xcode と一緒にインストール出来ます。

image

Xamarin iOS with Visual Studio をインストールして、Visual Studio を起動すると、iPhone アプリのテンプレートが選べるようになっています。

image

選択すると「Xamarin iOS with Visual Studio はビジネスかそれ以上のエディションじゃないと使えないよ」と、Xamarin アカウントの作成とログインを求められるので、登録し、「Begin a Trial」 を選びました。(これを選ばないと、プロジェクトが読み込まれない)

image

プロジェクトが無事読み込まれると、Mac 側で「Xamarin iOS for Build Host」というサービスを立ち上げるように指示するウィンドウが表示されます。このとおり、Mac で OS X の右上で検索してサービスを起動します。

image

Mac 側でサービスが立ち上がると、Visual Studio 側で Mac を選択できるようになります。選んで進みます。

image

Mac 側にボタンを押すと PINコード が表示されるウィンドウが表示されるので、押して覚えます。

Visual Studio 側は Enter PIN のテキストボックスに、覚えたPINコードを入力して Pair ボタンを押します。

 

あとは F5 でデバッグ出来るはずですが、最初の Hello World テンプレートでは入力しなければならないところが。

image

エラー ウィンドウを確認しながら直します。

 

image

プロジェクトのプロパティで、Application name と Identifer を入力します。アプリ名と一意識別子・・・なんだっけ、何でもいいのかな。

あとは、デバッグ ツールバーで、 iPhoneSimulator を選択して、F5 でデバッグ開始できます。

 

無事、Mac OS X 上で iPhone シュミレータが立ち上がりました。

写真

もちろん、ブレークポイントを置いてデバッグも出来ます!

image

いや~!こんなに簡単にいくとは。これは素晴らしい。

(正直、私の自宅では Surface RT でのリモートでバッグは未だにうまくいってないし、仕事でやってた SharePoint なんてデバッグがまともに出来なかったので、それよりも圧倒的に簡単と言わざるを得ない …)

私は3年前に一度 objective-c で iPhone アプリを書くのには挫折している(というより、Visual Studio の性能に比べると他のエディタで開発はほぼ出来ない)ので、今回は Visual Studio で開発出来ることに凄く期待しています。

それも、(jQueryがお墨付きをもらったときと同じように)Xamarin を Microsoft が推奨している!

そして、クラスライブラリも共有できるようになった!!

これで本気でマルチデバイスでのアプリ開発が出来ますね~♪

 

参考:Introduction to Xamarin.iOS on Windows