連載 Good-bye CodedUITest(1) – Visual Studio でUI自動テストをどうすればいいか?

課題

これまで Visual Studio 標準の「UI自動テスト」機能であった 「コード化されたUIテスト」CodedUITest は、ついにVisual Studio 2019 での提供が最後になってしまった。これに変わるUIテストの自動化を考え、将来的に移行する準備を整えなければならない。

背景

Visual Studio 2017の「コード化されたUIテスト」の説明には次のような記載が追加されました。

clip_image001

Note
Coded UI Test for automated UI-driven functional testing is deprecated. Visual Studio 2019 is the last version where Coded UI Test will be available. We recommend using Selenium for testing web apps and Appium with WinAppDriver for testing desktop and UWP apps.

コード化されたUIテストは非推奨になりました。Visual Studio 2019で提供されるのが最後のバージョンです。Webアプリのテストには Selenium を、デスクトップとUWPアプリのテストには Appium と WinAppDriverを併せて使用することをお勧めします。

さようなら「コード化されたUIテスト」

私は一応、テスト自動化を含むTFS/Azure DevOps系の Microsoft MVP として、コード化されたUIテストを使用する方法を推奨してきましたが、残念ながらここまでということになりそうです。UIテストには、ここで推奨されているSeleniumやAppiumの他、沢山のフレームワークや商品がリリースされていて、それぞれ自分たちがやりたいことにマッチしているのを使うのが一番と思うのですが。Visual Studio標準のUIテストの機能として提供されている以上、まずはこれをお勧めし、不足を感じたら別のものを検討するのが良いのではという話をしてきました。しかしそれも Visual Studio 2019 までとなりそうです。

正直ショックが大きい反面、やっぱりそうかという感じもしていて。私自身、今後どのように人に薦めようかなというのを整理したいので、このブログを連載記事として書いてみようと思っています。第1回目は、「コード化されたUIテスト」Coded UI Test ってどんなものだったか?これからUIテストを作成したいのだけど、Visual Studio 2019 でこれを使用しても良いのか?ということが判断できるような内容を書ければと思います。

Read More