アジャイル&DevOps ならこの本を読んで

先日、DevOps・アジャイルでよさそうな書籍を紹介してほしいと頼まれたので、ピックアップしてみました。

変革の軌跡【世界で戦える会社に変わる”アジャイル・DevOps”導入の原則】
分かりやすくアジャイル・DevOps導入の考え方が解説されています。実際に組織に導入するときに最初に読むのにお勧め。個人的にはメトリクスの話がわかりやすくお気に入り。

Effective DevOps ―4本柱による持続可能な組織文化の育て方
しっかりとDevOpsについて解説されている、おそらく現在一番スタンダードな教科書だと思います。

進化的アーキテクチャ ―絶え間ない変化を支える
実際にアジャイルでどうやってマイクロサービスを使ってくのか?について、より詳しい解説を読みたい場合に。

業務システム開発モダナイゼーションガイド 非効率な日本のSIを変革する実践的ベストプラクティス
現場の開発者向け、少しシニアナメンバーに(アジャイルやDevOpsをいきなり導入するのは難しくても)少しずつDevOpsのツール・方法を導入してみては?という実践的な視点で。

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK
定番のスクラム解説の本、マンガ・ストーリーで解説されているので、まだアジャイルトレーニングを受けたことがない人が全体イメージを理解するのにお勧めです。

The Scrum Guide™
スクラムガイドは、簡潔に書かれているのでこれだけで勉強するには不向きですが、アップデートがないか?確認したり、全体をおさらいしたりするのに最適です。日本語版は https://www.scrumguides.org/download.html からPDFをダウンロードできます。

「良いとこどり」でなく本気でどれで開発するか?選んでください

アジャイルがうまくいかなくなる魔法の言葉があると思います。「いい所を組み合わせれば」この言葉が出てくると、私は、あぁこのプロジェクトはアジャイル崩れになって、失敗するだろうな、と思います。

良いとこどり、ができると思って皆、悪いところどりをして、結果としてウォーターフォールでもアジャイルでもない、ただのグダグダ、素人が初めて開発やってみました、みたいな失敗プロジェクトになってしまうのです。

Read More