DE-121 マルチデバイスを見据えたこれからの開発技術 – The Microsoft Conference 2014

昨日(2014年10月23日)、我ら Windows Phone ユーザーが愛する 高橋忍さん のセッション「マルチデバイスを見据えたこれからの開発技術」を聞いてきました。後で動画が公開される気がしますし、Windows Phone 開発者には不要かもしれませんが、一応、メモをとったので共有します。

すべてのデバイスで同じエクスペリエンスを

複数のデバイスで作業を引き継いで、一貫性のあるエクスペリエンス 高い作業効率 を実現する。

そのために「デバイスを変えていく」こと。

そのために、それを実現する「アプリケーションとサービス」を開発すること。

これがエクスペリエンスを実現する大事な要素

 

Read More

Keynote 概要 – The Microsoft Conference 2014

ブログではご無沙汰しております、SHIN-ICHI です。

昨日・今日(2014年10月23~24日)に、ザ・プリンスパークタワー東京 で開催された「The Microsoft Conference 2014」に参加してきました。後日、公式 Webサイトでも動画が見られるようになるとのことですが、メモをとったので、通り急ぎ内容を共有したいと思います。

ちなみに登録者数は 8,400名だったそうです。

 

基調講演のポイントは「モバイルファースト・クラウドファースト」と、それによって実現される「生産性の追求」だと感じました。

 

新CEO サティア ナデラ に変わって 日本マイクロソフト も変わる!

マイクロソフトにとって3人目の CEO である、サティア ナデラ (Satya Nadella) は、インドからの移民で、アジア文化への理解が深いそうで、日本の文化も理解しながら非常に急ピッチで改革を推し進めているとのことです。日本マイクロソフトも「カルチャーを変えていかなければならない」「モバイルに軸足を置かなければならない」という、新しいビジョンをもって動き始めたとのこと。

Read More

Windows 用USBキーボードを Mac mini で使うときのキー配置

写真 (2)

Xamarin で開発するにあたって、Mac mini だけを買うと一番最初に困るのが、そう、キーボードの配置がわからないことです。

iPhone エミュレータの [ホームボタン] は [shift + command (⌘) + H] キーに割り当てられているのです。

対応が覚えられないので、私はテプラで印刷して、キーボードの側面に貼ることにしました。

(ちなみに、Windows Phone エミュレータでのテストは 英語配列 になり、Shift + 2  が @ になります。記号の対応がわかるように、英語配列を既にテプラで貼って使っていました。)
Windows キーボードと Mac キーボードの対応はこんな感じです。

Windows キー command (⌘)
Alt (左) option
Ctrl control
Back Space delete

 

そろそろ会社で Xamarin を使う提案書(見積もり)を書こうと思っているのですが、Mac mini とCPU切り替え機より、予算が許せばノートを買う提案の方がいいかなぁ~・・・ とか。

Mac mini + Xamarin C# で iPhone アプリを開発はじめました

The Microsoft Conference 2013 に参加した会社のチームメンバーに教えてもらったのですが、Xamarin が凄いことになっている!とのこと。それはぜひやらねば!早速、Mac mini と Xamarin (評価版) で iPhone アプリ開発を始めました。

インストールして指示に従えばほとんど迷うことは無いのですが、Mac が無いと試せないことなので共有を。

http://xamarin.com

Read More

LaView LL850 に Windows 8.1 をインストールしたときのグラフィックドライバの更新

NEC ノートパソコン LaVie PC-LL850HJ に Windows 8.1 をインストールしましたが、グラフィックドライバが互換の物で、画面が狭い解像度でしか表示されませんでした。Windows 7 の時は標準でインストールされたような気がするのですが・・・

ということで、ドライバを検索してダウンロード。インストールすると、無事 1280 x 800 で表示されました。これなら Windows 8.1 でも快適に使用できます。

検索するとおそらく先にヒットする Windows XP 用のドライバは使用できません。

SQL Server Compact は .net Framework のインストールで壊れる?!

もうひとつ SQL Server Compact で不思議な現象。私の個人のフリーソフトでも、会社のアプリでも、SQL Server Compact をDBとして使用している物が有り、時々動かないと言われてずっと謎だったのですが、ようやく謎がひとつ解けました。

SQL Server Compact のインストールの後に、 .NET Framework をインストールすると、SQL Server Comapct が動かなくなる。

正しいインストール順は .NET Framework の後に SQL Server Comapct です。

これを逆にしてしまうと、SQL Server Compact のDBへの接続が失敗するようになります。もしこの現象が起きたら、プログラムの追加と削除で、「SQL Server Comapct」を選んで「修復」すると動くように戻ります。

Read More

Windows XP .net4 WPF で PNGアイコンが使えない?

Windows XP だけ動作が変、というと、前回の件の他に、WPF でアイコンが表示できない問題がありました。

  • Windows XP
  • .net Framework 4.0
  • 特大サイズのリソースが PNGフォーマットの アイコン(icoファイル)

この条件でアプリを ClickOnce で発行したところ、Windows  8 では問題なく動作しているのに、Windows XP でだけ

Application_DispatcherUnhandledException
The image format is unrecognized.

と例外がでて起動できませんでした。ClickOnce かどうか?は関係ないかもしれません。調べてみると、.net Framework 4.5 の環境では起きてない様子。

特大アイコンを BMP フォーマットのアイコン ico ファイルに変更したら、ちゃんと動きました。3.5 の時もちゃんと動いていた、その同じ ico ファイルを持ってきたのですが・・・ちょっとこれはツライ。

Windows XP + SQL Server Compact 4 が遅い時の対処方法

仕事で作っているアプリで発見した現象。今年のバージョンから必須要件を引き上げて Visual Studio 2012 で開発、.NET Framework 4.0 + SQL Server Compact 4 になったとたん、「Windows XP であまりに遅くて使えない」というテスト結果が。

メンバーが調べてくれた結果、

Windows XP の SQL Server Compact 4 で、データベースを暗号化(パスワード付きに)している場合、極端に動作が遅くなる

とのこと。実際、DBアクセス部分で、通常は1秒かからないところに40秒以上かかっていました。

Read More

MS Project 2013 で全体のフォントを変更する方法

凄く今更な話ですが、ずっとわからなかったので。Microsoft Project 2013 で、シート全体のフォントを変える方法です。

image

[書式] リボンの [文字列のスタイル] からフォントを選択すると、変更出来ます。

2013 だと Meiryo UI (サイズ 9) にするのが良い感じです。

これまでずっとわからずに、全体を選択して、[タスク] にあるフォントを変更していたのですが、それでは、今存在するタスクのフォントしか変えられません。新しく追加したタスクのフォントは既定値になります。じゃぁ、既定値はどうやって変えるのか?と探してみても、Excel などと違ってなさそうです。なので、私はマクロを組んでわざわざ毎回変更していたのですが、いや、ちゃんと方法がありました(笑