2012年9月22日(土)に開催した勉強会

【「コピペット」のソースコードで学ぶ、Windows​ Phone 7.5 アプリとWindows 8 ストアアプリのデータ処理の違い】

の PowerPoint スライドの資料を紹介します。

実際には、C# / Visual Basic のソースコードを共有しながら解説するので、資料だけでは伝わらない部分もあるかと思いますが・・・その場合は、またいつでも同じ内容で勉強会を開催しますので、気軽にご連絡いただければ、と思います。

スライド1スライド2

「コピペット」の紹介

スライド2スライド3スライド4スライド5スライド6スライド7スライド8スライド9スライド10

Windows Phone 7.5 アプリ のデータ処理

スライド2スライド3スライド4スライド5スライド6スライド7スライド8スライド9スライド10スライド11スライド12スライド13

Windows 8 ストアアプリのデータ処理

スライド2スライド3スライド4スライド5スライド6スライド7スライド8スライド9スライド10スライド11スライド12スライド13スライド14スライド15スライド16スライド17

参加者の方から一番質問があがったのは非同期の処理についてや、ストアアプリの審査基準についてだった様に思います。

また、ストアアプリ用の SQLite はまだベータ版だったので採用しなかったという説明に、「まだ不安定で同時に処理するとエラーになる」という話もあがりました。

スライド18

是非、Plus Programming .net の勉強会に参加していただければ!と思います。