[Keynote Session] 進化するエンジニアへ ~ テクノロジが創りだす未来と価値 ~ – de:code 2015

2015年6月3日 追記:MVA でも動画が公開されています。

 

de:code 2015 のキーノートセッションについてですが、その前にまずこの動画を見てください。

TOYOTA の Connected car についてよくわかる動画です。

de:code のキーノートセッションでは、地図の会場付近(関東)を今現在走っている Connected Car = インターネットに接続された自動車 約 6,000台 の交通情報(走行速度など)がリアルタイムに表示されていました。

この Connected Car の実現を支えているのが、マイクロソフトの Azure だということです。

 

映画やアニメの世界で描かれていた事が、今、まさに実現されはじめている

昔は「そんなの、どうやって実現するんだよ!無理だろう」と思えた演出上の映像・イメージが、現代では IoT (Internet of Things)  インターネットに全てのモノが繋がる事で実現可能になり、実際にいち早く取り組んだ会社は既にビジネスとして実現をしています。

センサーは 省電力 Bluetooth (ボタン電池で1年保つ。直接インターネットには繋がらないが、中継するコンピュータに情報を送って、そこからインターネットに送って貰う)のおかげで、位置や加速度、衝撃、傾き、温度、光・・・どんな情報でも、1秒間に何回も収集することが出来るようになり、その集まったビッグデータをクラウド(Azure)で解析(Azure Machine Learning)することで、過去の実績から未来を予測し、活かすことが出来るようになってきました。

それも、Azure を契約することで誰でも簡単に安く使える。

Windows 10 と Visual Studio (C#) を使うことでどんなデバイス・センサー・PC・サーバーのプログラムも作れる。

これが全て一部の企業だけのものでなく、今すぐ誰でも使って実現出来る。そんな夢のような時代が、もう始まっていました。それが実感出来るデモに、会場の空気が変わっていくのを感じました。

どうですか?ワクワクしませんか?

Read More

Visual Studio 2015 RC の新機能を確認する方法~ みなさん、うちに帰って試すまでが de:code ですよ!

de:code 2015 が終わりました!みなさん、お疲れ様でした。楽しかったですね。

しかし、うちに帰って自分で試すまでが de:code ですよ!

 

ということで de:code での情報とお勧めの動画を合わせて、Visual Studio 2015 RC の新機能を確認する方法を紹介したいと思います。

  1. 動画で Visual Studio 2015 の新機能を確認する
  2. Azure の Visual Studio 2015 が最初からインストールされている仮想マシンを作成して確認する
  3. 自分の PC に Visual Studio 2015 RC をインストールして確認する

 

既にインストールして使っている方も、今日聞いたばかりのポイントを伝えたいので、是非、ご確認ください。

Read More

Visual Studio 2013 で SQL Server Compact がサポートされない問題に対応

私は SQL Server Compact を好きで使っていたのですが、2013 ではサポートされなくなりました。とはいえ、作った C# のプログラムは動作するので、2012 以前で作ったプロジェクトを引き継いでいる個人のプロジェクトや仕事のプロジェクトでは気にしていなかったのですが、困った点が2点。

  • Visual Studio 2013 で sdf ファイルにつないで、中身を見れない
  • インストーラの作成で、ブートストラッッパーが無くて、SQL Server Compact のインストールが表示されない
  • (たぶん)ClickOnce 発行でもブートストラッパーが見つからなくて、SQL Server Compact のインストールが表示されない

ユーザーからのご指摘をいただきまして、最新バージョンがうまく動いとらん、と。対応したので、その方法を記載します。

Read More

Windows を操作する画面を録画して、Web や PowerPoint スライドに挿入する(録画・公開編)

勉強会のデモや、コードスニペットを使用している様子を動画に記録するために、動画編集を始めました。初めて本格的にやるので、まだ手探りですが、やり方を次の様に決めてみました。

 

準備・全体の流れ

  1. 録画する内容を決めたら 絵コンテ を書く。絵コンテは PowerPoint のスライドで、(文字で良いので)適当に書く。
  2. AG-デスクトップレコーダー」で画面のキャプチャを録画する。複数に分けて録画する場合、サイズは常に固定にしておくこと。
  3. 録画した素材と絵コンテをセットで編集する人に渡す。
  4. TMPGEnc Video Mastering Works 5」で編集する。

絵コンテはOffice、録画はフリーソフト、編集は有料のソフトを使います。将来、編集は「Adobe Premiere Elements 13」で行えるようになりたい(SHIN-ICHI は Adobe 製品の方が慣れているので)。

Read More

Macでファイルのフルパスをクリップボードにコピーする方法

Automatorで作成したアクションをサービスメニューに登録することで、ファイルのパスをたったワンクリックでコピーできます。

image

ダウンロード・インストール方法は下記サイトを参照。結構面倒な手間があるので、時間があるときにどうぞ。

参考:http://fujiwarayuta.com/blog/rhythm/macでファイルのパスを簡単にコピーする

Xcode のキーバインドを Visual Studio 風にする

Visual Studio, Xamarin Studio, xcode を並べて勉強していると、xcode のキー操作が Visual Studio と違って、カーソル操作がHome/Endで行末・行頭に行かない。command + 左・右になってる。ccommand + 左右で移動してほしい、単語単位の移動はショートカットがなさそう。

xcode > Preference > Key Bindings で、Key Bindings Set のドロップダウンからManage Key Binding を押して、キーバインドの設定を複製。自分の好きな名前につけたら、Text を選んでで “Move” などで検索すると行頭・行末・単語単位の移動のキーバインドが表示されるので、Visual Studio 風に変更してしまう。
image

変更はちょっとわかりづらく、Keyというところでダブルクリックするとキー操作で変更可能になる。

 

⌘「command」キー

⌃「control」キー

⌥「option」キー

⇧「shift」キー

⇪「caps lock」キー

fn ファンクションキー

 

オプションとコントロールがいつまでも覚えられないけど、この表を見ながら・・・これだけでも相当楽になった。

ちなみにインテリセンスの発動 (Visual Studio ではCtrl+スペース)は Esc キーだった。

Mac でのコピーは Command(⌘) + C なので Command(⌘) と Control(^) キーを入れ替えて、Ctrl +C に変更する

Windows でいう Ctrl + C の「コピー」は、Mac では Command(⌘) + C です。
私は何度やっても間違えるので、修飾キーの設定を変更して Control と Command を入れ替えました。

image

しかし、日本語入力と英語入力の切り替えも入れ替わるので、Command(⌘) + C(Win+C に割り当たる)も、Ctrl + C に変わってしまって、それはそれでちょっと慣れるのが必要ですね。